真宗大谷派 正蓮寺

グリーフケアのつどい

グリーフケアのつどいに参加しませんか?

 グリーフケアとは、「肉親など大切な方を亡くされた人が感じる悲嘆(グリーフ)をそのまま大切(ケア)にすること」を言います。今様々な場所でグリーフケアの動きが生まれ始めています。死別を経験した誰もが、亡き人と自分を大切にできる「泣き場所づくり」を目指し、正蓮寺でも季節に一度グリーフケアのつどいをスタートします。

 「こんなにつらいのに、周りの人は明るいまんま。本当は話したいことがある・・・本当は聞いてもらいたいことがある・・・誰でもいいわけじゃないけれど、本当は同じ体験をした誰かに会って、聴いてほしい。それが語られている場に身を置いてみたい。ひとりだけど、どこかでつながっていたい・・・。」 お寺でやるなら行ってみようかなと感じた方は、どうぞご参加ください。お檀家さん以外も広くお迎えいたします。ご連絡おまちしております。

つどいの流れ

  • 第一部 お経の時間
  • 第二部 住職の法話の時間
  • 第三部 語り、聞く時間
  • 第四部 音楽を聴く時間

「悲しみは乗り越えなくてもいい。悲しみとともに一生懸命生きていく。」

グリーフケアのつどいで大切にされること

  • ①同じ経験をした人だけが集まります。
  • ②あたたかな、人の話を聞く雰囲気を大切にします。
  • ③今の自分の気持ちを声にすることを大切にします。
  • ④お話しの内容を外部に漏らしません。集まったひとを大切にしたいからです。
  • ⑤話したくないことは話さなくてもいいのです。沈黙を大切にします。
  • ⑥悲しみを比べません。一人一人が尊い存在です。
  • ⑦何度でも繰り返し同じことを語ってもいいのです。

グリーフケアのつどい 平成29年予定

  • 春の間 3月26日(日)午後2時~4時半
  • 夏の間 6月25日(日)午後2時~4時半
  • 秋の間 9月18日(日)午後2時~4時半
  • 冬の間 12月24日(日)午後2時~4時半
  • ところ 正蓮寺 055-948-1366
  • 会費 500円
    はじめて参加される方、お電話をお願いします。

グリーフケアについてのお問い合わせ

055-948-1366 正蓮寺
090-7306-0220 住職

正蓮寺カレンダー